講師紹介Yoshiko Dobuchi  土淵淑子

5歳よりピアノを始める。

中学生の時ピアニストの柳川守先生のリサイタルに行き、全てを包み込むようでいながら、心のひだ一つ一つに沁み入るような音に衝撃を受け、いつかこの先生に師事したいと強く思う。

国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻にて、憧れの柳川門下生になったものの色々とわかっていなさすぎて大変苦労する。。

卒業後、伊藤楽器ヤマハ音楽教室にて指導を始める。

また、柳川先生のもとやザルツブルグモーツァルテウム音楽院夏季国際音楽アカデミー(オーストリア)、クールシュベール夏季国際音楽アカデミー(フランス)などに参加、研鑽をつむ。 

結婚出産後、自身の子供たちのピアノレッスンを同門の先輩である新間有里子先生にみて頂くことになり、こんなレッスンだったら子供たちは楽しくしっかりと力がついていくだろうなと感じたことをきっかけに、子供たちが夢中になって遊んでいるうちに必要な力が身についていくようなレッスンを目指し日々試行錯誤しています。

私は、子供の頃から ピアノのレッスンの他にソルフェージュのレッスンを受けていたのですが、それがうまくピアノの演奏に結びつかず、またピアノのタッチや姿勢もなんとなくで進んでしまったことで、とっっっても苦労してきたように思っています。それらの経験から、読む、聴く、書く、呼吸、感覚、和音の知識等を、少しずつ最初の段階からごく自然に身につけ、演奏力を高めていく今のレッスンスタイルになってきました。

これからピアノを始める、あるいは再開される方のお役に立てれば幸いです🍀

一緒に深〜〜〜〜〜い音楽沼にはまりましょう!